加藤のプロフィール

 

加藤 肇(かとう はじめ)1958年3月大阪生まれ大阪育ち、現在も大阪在住。

 

20代は販売促進の代理店でマーケティングプランナーとして勤務。30代でフリープランナーになる。

その後中小企業の経営に携わり、ビジネスコンサルタントや販促プランナーを経て、2009年から大阪にて職業訓練校でグラフィックの講師を開始。

 

現在は講師の傍ら、有限会社江坂広告(チラシ制作会社)を経営。


読書

読書は趣味の中心です。江戸時代や歴史の事を調べるのも好きで、歴史の雑誌も良く買います。

 

読書では中学生時代「三国志」「水滸伝」「宮本武蔵」などの歴史小説が好きでした。高校生からは歴史小説やミステリー、筒井康隆などを中心に乱読。本屋で適当に2、3冊買って読む感じでした。

大人になってからは仕事柄のビジネス本が中心で文芸作品はあまり読んでませんが、やはり歴史小説が好きかなぁ

趣味・指向性

趣味といえば写真。バラの写真を主に取っています。自分でするスポーツはテニスですが、もう何年もプレイしてない。かつてはスキーも好きでした。

座右の銘は「勝つことがすべてではない。勝とうとすることがすべてだ」

牡羊座なので結構、熱い性格の持ち主です。野球・バレーボール・ラグビーが好きです。その他の競技でも「頑張れ日本!」というレベルで何でも熱く応援します。

私的生活

●もちろん既婚。

●好きな食べ物

うなぎ丼、焼鳥、卵料理全般、カレーなどですが、グルメ・こだわりの指向性は薄く、スーパーのうなぎでも美味しく頂いてます。

●休日

寝てたり、季節と天気が良ければ撮影に出かけたりします。

●ファン

阪神タイガースを応援しています


このサイトに掲載するブログについて

ブログの効能

主にビジネスについて書きます

私の視点が「チラシでどうやったら集客できるかな」というところにありますので特に小さな会社の社長さんや個人経営者の方には響く内容になるのではないかなと思います。

大きな会社にお勤めの方にも知識として得て頂ける内容かもしれません。

テーマ「ビジネス」

メインコンテンツです

ビジネス、特に集客に活かしていただけるないようを目指しています。

ヒントにしてもらって一人でも多くのお客様獲得につながれば幸いです。集客はその会社(店)の総合力で決まると常々思っています。会社・お店の総合力を高めるためのお役立ちができれば幸いです

テーマ「日々について」

サブコンテンツです

主に気が付いたことやビジネスとは関係のない話を書くと思います。

ビジネスのヒントにはならないと思いますが個人的な内面から、読んでほしいと思うものを書くと思うのでお忙しい時は無視して頂いてどうしようもない暇つぶしの時に読んでやってください。


加藤がビジネスマンにお勧めする本

「20歳のときに知っておきたかったこと」

NHKのEテレで見たティナ先生の講義(白熱教室)は「お金を儲ける考え方」をとても判りやすく教えてくれる内容で感動しました。 私のビジネスへの考え方をがらりと変えて今の方向性の基礎になっている考え方でもあります。

「ビジョナリーカンパニー2飛躍の法則」

結構、古い本ですが会社が成長していくために必要なエッセンスが分析によって明示されています。ハリネズミの法則をはじめ、経営者としてどのように会社のかじ取りをするべきかが分かります。日米の違いを超えてこの法則は生きてます。

「資本主義の終焉と歴史の危機」

資本主義が終わる。という、とてもセンセーショナルな話だが読めば読むほどに理解が深まる。今の経済状況を説明する多くの論説の中で先生のお話が一番腑に落ちました。これからどうなっていくのか知りたいあなたにぴったりの一冊です。

「ピクサー流 創造するちから」

著者はピクサーの社長のエド・キャットルさんです。正確さを期すための文章量がすごい!。起業をして大会社にしていくんだ!という野望を持つ人は必読の書です。こざかしいノウハウなんて要らない。志をもつ大切さが学べます。

「『買いたい!』のスイッチを押す方法」

この本は単なるノウハウ本ではなくとても深く研究された本です。この本を読むまで漠然と感じていた販促成功法則を明文化してくれた。そんな感じの本です。ぜひこの本で語られるノウハウを実践してみてください。成果につなると思います。