ビジネス

集客論01 ホームページの在り方
ビジネス · 2021/12/04
いま、集客をしようとするとホームページは欠かせません。 江坂広告ではいくつかの小売店様のホームページの制作と管理させていただいています。 コンテンツとお聞きする成果を照らし合わせてみるとしっかりとコンセプチュアルに作りこむとアクセス数がそれほどなくても来店・購買につながっています。...

ビジネス · 2019/10/12
裕福でなかった学生時代、 服にお金をかけることなど できなくて スーパーで買った安物を ずっと着ていました。 母の教えは 「清潔で手入れが 行き届いていれば 上等でなくてもいい」でしたし 「ぼろは着てても 心の錦。どんな花より きれいだぜ~」 という歌も流行った時代なので 着るものには気を使わない というのが基本姿勢でした。...

ビジネス · 2019/09/23
ある会社が広告のデザイン会社を探していて ホームページで検索。よさそうな会社を 2社ピックアップして説明に来てもらうことに なったとしましょう 1社目はデザイナー自身が来社されました 「えぇ、デザインには自信があります。 何でもおっしゃってください。ご対応します」 「あの、作品とかは」 「ずいぶん手掛けてますよ。あ、ご覧になりたい。...

ビジネス · 2019/09/19
お客様を買う気にさせる 最高のセールストークは 何だと思いますか? それぞれのセールスさんには ここぞという場面・もう「お客様が買いそうだ」 というシーンでお客様の背中を押し 購買の決め手となるセールストークが あるでしょう で、僕の場合も絶対に使う というわけでもないのですが 多分、最高だなと思う トークがあります。...

刺さるポイントを見つけるイメージ写真
ビジネス · 2019/09/15
不安解消につながる、 こんな風になれる、 「楽しい」が待っている、 表現がお客様の「心に刺さる」 ということがわかったら 次の課題は 「お客様の不安」 「こんな風になりたい」 「何が楽しいのか」を どうやって知るのかですよね 一番の方法は「お客様と接する」こと 日々お客様と接しながら ●何が不安なんだろう、 ●どうなりたいんだろう、...

ビジネス · 2019/09/14
商品説明をするとき、 チラシの営業であれば 何を説明すればいいでしょうか? もちろん、模範解答はありません その会社の方針や何を商うかで 「ものの言い方」が違ってくるからですが 下の3例を見てください

ビジネス · 2019/09/09
ひとりのチラシ屋さんになってから いままでやってきたいくつかの営業手法と その結果をまとめてみました。 (1)飛び込み営業 とりあえず、思いつくのはこんなこと。 最初にやった営業です 「チラシの御用を承ります」というチラシを作って ポスティングをしたり、お邪魔してお話を聞いてくれそうな方に 手渡しするというベタな営業。...

キーマンイメージ画像
ビジネス · 2019/09/02
時代の変化の中で僕は「大人の事情」で役員を退き、 それまでのしがらみとは別の全く新しいことを始めた。 Illustrator・Photoshopの講師である。 その後で今のチラシ屋さんを始めることになるのだが もちろん「お客様」は0(ゼロ)だ。 一人だから効率を高めるために営業範囲を地域限定に決めて 地元の商工会議所に加盟した。...

ビジネス · 2019/08/31
展示会で得たたくさんの名刺の中から 絞り出すようにして見つけたお客様と 商談をして成約に結びつける お客様のタイプは大きく分けて二つだった。 (1)前のめりタイプ:もう買いたくて仕方がない (2)考え込むタイプ:必要そうだけど買うのが不安 小さな会社の社長さんなんかは「前のめり」が多い やみくもに「買えばコールセンターがなんとかなる」...

ビジネス · 2019/08/27
展示会が終わったあとの営業は大変だ 1日に回れるお客様の数が5件とすれば500件なら 100日、5人で手分けしても20日はかかる 片端から全部!というのは理想。 人員から考えると優先順位を付けざるを得ない。 みんなで「熱量の高いお客様」をピックアップする 500件のうちから有望候補をあげる。 改めてメールでアポイントを取る スケジューリングして訪問する...

さらに表示する